気がつけば、ここはメキシコだった

メキシコ在住ライター、小さな食堂『EN ASIAN FOOD』のおばちゃん、All About メキシコガイド 長屋美保のブログ

DIYラジオ局RADIO GOHANより、毎週メキシコ情報を届ける『メヒコどんぶり』始動

久しぶりのブログです。
5月20日までのメキシコの新型コロナウイルス感染者数は、5万6594人、死者数は、6090人で、中国を抜きました。悲しいことに、知り合いで亡くなった方も何人かいるのですが、今のところ、私も家族も気をつけながら、元気でやっています。メキシコシティは、相変わらず感染者数うなぎ登り中ですが、他の州で、感染者数が減少傾向なのは救いです。
メキシコが自宅待機モードに入り、50日以上が経ちました。私たちのアジア食堂も3月末から閉めています。
メキシコ政府が定めた自宅待機期間は、全国で5月30日まで続く予定ですが、戒厳令的なロックダウンではないものの、公園での運動や散歩も自粛しろという感じなので、日本より制約が厳しいかもしれません。外に出るとパトカーが、「Quédate en casa(家にいなさい)」とアナウンスを流しながら、煽ってきます。2ヶ月前までは、くず鉄屋や、オアハカ・タマレス売りのアナウンスが、通りに響いていたのに、その音も聞こえなくなりました(涙)。
メキシコ政府は5月18日より、徐々に自動車生産、建設、鉱業を再開し、ようやく経済、社会にも動きが出てきた感じですが、自宅待機期間は、あと2週間くらいなので、我慢して引きこもります。

f:id:mihonagaya:20200522021338p:plain

昨年11月、非営利の小さなネットラジオ局 RADIO GOHAN をメキシコで開局しました。制約なく、自由に表現出来るメディアが必要だったからです。今は、4本のレギュラー番組があります。「チカーノ性」を追求する『CHICANISMO SIN FRONTERAS』、ポップカルチャーフェミニズムに焦点を当てた『¡OILAS!』、メキシコのサウンドシステム文化、ソニデロの歴史を知るDJ、モレーロスがメキシコのトロピカル音楽を語る『¿TODO BIEN? MORELOS』、そして、5月10日より毎週日曜に放送を始めた、メキシコのニュース、音楽、タコス情報を日本語で送る番組『メヒコどんぶり』。
他の番組はスペイン語放送で、2週間おきにやっていて、パンデミックの現況では、なかなか仲間と集まって制作が難しく、お休み状態なのが残念なのですが、せめて『メヒコどんぶり』は毎週放送を続けたいです!

興味ある方は、『メヒコどんぶり』毎週日曜の日本時間よる11時、メキシコ時間あさ9時RADIO GOHANのホームページ http://radiogohan.com.mx/ にて放送していますので、ぜひ聴いてみてください。

告知はFacebookInstagramtwitterで行います。

https://www.facebook.com/radiogohan/

https://www.instagram.com/radiogohan/


前回の放送は毎週土曜、Mixclooudにてアップします。
https://www.mixcloud.com/radiogohan/

おかげで、このブログも、ますます更新できないとは思うのですが(苦笑)、『メヒコどんぶり』の方で、メキシコで起こってること、気になってる音楽、楽しい仲間たちを招いての、美味しいタコスの話題を毎週お届けいたします!

f:id:mihonagaya:20200522021632j:plain



http://mihonagaya.com/