読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば、ここはメキシコだった

メキシコ在住ライター、小さな食堂『EN ASIAN FOOD』のおばちゃん、All About メキシコガイド 長屋美保のブログ

日曜日はアリシアでファンダンゴ

■スキャンダルを隠すのは別のスキャンダル

先日、夫とアンティーク市場ラグニージャへ行った帰りに、タクシーを利用したのですが、連邦警察所前に群がる報道陣を横目でみながら「みんなチャポ(グスマン)脱走の取材で、よう来るな〜、まあ、脱走できることなんて、みんな知ってたけど」とつぶやきました。

そこから、「そうだよね〜。こんなんじゃ驚かないよ」という話になり、夫が、「昨日ちょうど映画『Dictadura Perfecta(完璧な独裁者)』を見たから、余計そう思うね」といったら、運ちゃんも「ありゃ、面白い映画だよね。でもあそこで描かれているのは現実なんだもんな。映画に登場するテレビ局はテレビサ(メキシコ最大手テレビ局。政府との癒着が囁かれる)をモデルにしてるんだろ。テレビの報道ってのは民衆を騙すために仕組まれているもんだ」といって、盛り上がりました。
 
<映像>「Dictadura Perfecta」(ルイス・エストラーダ監督)予告編▼
 
チャポ・グスマンの脱走劇で、にわかに盛り上がっているメキシコですが、その裏にはなにがあるのでしょうか? 史上最高額の懸賞金もかけられております。
 

ネットにはこんなmemeも登場↓

f:id:mihonagaya:20150715023328j:plain

内務大臣「大統領、IMSSとISSSTE(政府の医療保険機関)を民営化しようとしてることに民衆が気づいたようですぜ」

大統領「心配無用。いまチャポを逃がして、みんなの気をひいているから」

 

まさにテレノベラ(連続テレビドラマ)を地でいくメキシコ社会ですが、前述のタクシーの運ちゃんや、私の仲間、夫の家族や同僚はもちろん、市場で野菜を売ってるおばちゃんにきいても、今回の脱走騒動を本気で驚いている人なんて、誰もいないんですけど?
実は洗脳されてない人々のほうがけっこう多いんだよ、と思います。
 

■マルチ文化フォーラム、アリシアの伝統音楽イヴェント

 さて、そんな雑音のあとには、いい音楽を聴くにかぎる!というわけで、7月の毎週日曜にアリシアで開催されている『ALICIA EN EL FANDANGO』へ7月12日に行ってきました。この日はウアパンゴのバンドが3組出演しました。

f:id:mihonagaya:20150715023538j:plain

 
アリシアについてはこちらを↓
 

mihonagaya.hatenablog.com

 ウアパンゴとは、メキシコのウアステカ地方(ベラクルス州北部、タマウリパス州南部、サンルイスポトシ、ケレタロの山間部、イダルゴ州プエブラ州をまたにかけた地域)の伝統音楽と踊りです。その音楽はソン・ウアステカとも呼ばれ、ルーツに関してもベラクルス州発祥のソン・ハローチョと共通項が多いです。もともと農民たちの労働歌、大地を守るための抵抗の歌でもあるわけですから、EZLNのマルコス副司令官が、ソン・ウアステカやソン・ハローチョなどメキシコのソンが大好きなのにも、うなずけます。ちなみにソン・ウアステカでも、ソン・ハローチョで使用する小型の弦楽器、ハラーナを使用します。野性的なバイオリンの音色と、裏声が特徴。
 
アリシアに、ちょっと遅れて着いたら、すでに場内は踊るひとたちの熱気でいい感じ。
 ▼会場入り口

f:id:mihonagaya:20150715024754j:plain

▼会場に着いたらみんな踊ってて、家族的な雰囲気。エエナ〜

f:id:mihonagaya:20150715023615j:plainf:id:mihonagaya:20150715023630j:plain

女性だけのトリオ、Palomitas Serranas。素敵な演奏!▼

f:id:mihonagaya:20150715023646j:plain

f:id:mihonagaya:20150715023700j:plain

f:id:mihonagaya:20150715023715j:plain

子どもも高齢者も若者もウアパンゴのステップを踏んで、踊っています。

 

f:id:mihonagaya:20150715023739j:plain

ピエロもいる!!
 
<映像>子ども可愛く踊ってました▼
 
 この飛び入り参加してナワトル語の詩を詠んだ人って、Mardonio Carballoだったのかな?▼ 

f:id:mihonagaya:20150715024922j:plain

 
サンルイス・ポトシ州名物のエンチラーダスの屋台もでていました。美味しかった〜!じゃがいもが挟んであります。

f:id:mihonagaya:20150715024944j:plain

f:id:mihonagaya:20150715024958j:plain

 
 ▼会場ではEZLNグッズの販売も

f:id:mihonagaya:20150715025040j:plain

 
 
この『Alicia en el fandango』今月はあと2回開催予定なので、ぜひぜひご参加を!!
 

f:id:mihonagaya:20150715025424j:plain

 
 

■7月後半おすすめのメキシコシティでのイヴェント

これからおすすめのメキシコシティ・イヴェント情報案内です。
 
 7月17日、18日はコロンビアの重鎮アコーディオン奏者、カルメロ・トーレスのライヴ。

f:id:mihonagaya:20150715025448p:plain

 

 
7月17日は、ソン・ハローチョのベテラン、パトリシオ・イダルゴ率いるアフロ・ハローチョのコンサートもあります。f:id:mihonagaya:20150715025519j:plain
 
 
ソン・デ・マデーラのラモンの兄ヒルベルトグティーエレスと、テレソの父アンドレス・ベガが参加する、ソン・ハローチョ最高峰グループの、モノ・ブランコのコンサートも7月26日に開催。

f:id:mihonagaya:20150715025541j:plain

 
 偶然にも、トラディショナルな音楽イヴェントが多いなあ。
メキシコシティにいると、いろんな地方や世界の音楽が聴けるのが嬉しいです。
 
http://mihonagaya.com/